« 女が醸し出す味はそれぞれ異なる | トップページ | 新春 »

2020年1月 1日 (水)

餅を喉に詰まらせる事故急増中

毎年お正月になると餅をノドに詰まらせる事故が多発している。

もちをのどに詰まらせる事故で、救急輸送され、死亡者が出ています。

日本歯科大学附属病院口腔介護・リハビリテーションセンター長の菊谷武さんは次のように述べている。

人間は誤えんや窒息を起こしやすい喉の構造をしている。

器官に通じる呼吸の道と、食堂に通
じる食べる道とが交差し、スイッチ
の切り替えで呼吸やえんかを繰り返
す。

加齢により危険が高まる理由は、スイッチの切り替えが遅くなるため。また、口やノドを絞り込む力の低下もある。
一度にすべてを飲み込めず、残ったものが呼吸を再開したときに気管に入り込む。

機能低下の重要なサインは、

異物を排除しようとする「むせ」
症状。お茶や自分の唾液でむせる、
食べ物がへんなところに入った感じ
がする、飲みにくい食べ物がある、
食後に口をゆすぐと水と一緒に食べ
物が出てくるなどの症状が出始めた
ら注意。

注意する食物は、水やお茶などサラサラした液体。一気に流れ落ちるため最もリスクが高い。
乾燥してパサパサしたパンやせんべい、粘り気の強い餅や団子、噛み切りにくい肉やタコにも気を付ける。
焼き海苔やワカメなどくっ付きやすいもの、コンニャクなどバラバラになるのも気を付ける。
食べ方
①顎を引き、やや前かがみの姿勢で、集中して食べる。テレビやおしゃべりに気を取られすぎないこと。
②粘り気の強いものや噛み切りにくいものは、一口の量を少なくする。
③流れの速い液体と遅い固形物とが交ざっている味噌汁は、タイミングを合わせるのが難しい、汁と具を別々に食べるといい。

注意事項

①歯の不具合で、よく噛まずに飲み込めば危険性が高まるので、入れ歯の調整や歯の治療はこまめに行う。
②餅、くりきんとん、田作り、かまぼこなどのおせち料理は、粘り気があり硬いものが多く、正月には十分気を付けること。
③子供やお年寄りには小さくして食べさせる。

1月ラン&ウォーキング日記

通算71ヶ月連続75万歩以上に挑戦中(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)

2020年1月1日現在
累計歩数
112.133.158歩

累計距離
89.707km

地球一周約4万kmとして
2.24266周


①1月の目標 75万歩
1日24.300歩(19.4km)

②1月1日の実積
33.419歩(26.7km)

③1月トータル
33.419歩(26.7km)

④達成率4.4%


今日も皆様にとって
素敵な1日に
なりますように!

|

« 女が醸し出す味はそれぞれ異なる | トップページ | 新春 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女が醸し出す味はそれぞれ異なる | トップページ | 新春 »