« 庭に咲く花 | トップページ | 畑仕事 »

2020年5月24日 (日)

食糧自給率39%・餓死3千万人

2020年3月10日北海道新聞朝刊
記事は同時期のものである。
食糧自給率(カロリーベース)37%だった食糧自給率を、45%まで引き上げる計画を5年間引き伸ばすと政府が9日発表した。
先日

 

消費期間が3日過ぎた「もやし」

 

賞味期限8日過ぎた「うどん」
1-2_20200524165801

賞味期限3日過ぎた「焼きそば」を


11-2_20200524165801

 

ごじゃ混ぜにし料理し食べたら、さて、どうなった?

 

完成品(もやし、うどん、焼きそば)


111-2_20200524165901

ワシは貧乏性ゆえ嗅覚は動物並みに発達している。

 

食糧の良否は動物と同じように匂い判定。

 

 

消費者は賞味期限や消費期限の切れたものは捨てるのが殆どである。

 

世界に目を向けると、餓死で1日4~6万人亡くなっているその内、7割は子どもである。お腹をへらし、お母さんご飯食べたい、食べたいと泣きながら、力つきて死んでいく子どもたち。


賞味期間が7ヶ月過ぎた「運河焼肉豚ちゃん」1年6ヶ月過ぎた「讃岐うどん」を食べたが、味や体調に異常はなかった。


このパッケージには消費期限はないことから、消費者は賞味期限の切れたものは捨てるのが殆どである。
日本に目を向けると、食糧自給率39%その内穀物の自給率は28%。輸入は 6割以上で年間輸入量は5800万トン。


ところが、その内1940万トンも捨てているのだ。その内家庭で捨てるのは1000万トン(11兆円)。この処理費用だけでも2兆円費やしている。
この捨てた1940万トン。毎日3000万食は途上国5000万人分の食料になるのだが、飽食日本は罪深い人種である。


TPP加盟国となった日本。さらに食糧自給率(39%)は低下する。


アメリカとの貿易協定{二国間}が締結されたことから、益々自給率は下がる。ちなみに先進国で食糧自給率100%をしたまわるのは日本のみ。


地球は温暖化が進み。凄い勢いで南極や北極の氷が解けだしているという。

 

極端な例ですがもし南極の氷が全部溶けると水位が60メートルほど上昇すると言われています。
ニューヨーク ロンドン 東京など皆水没します。

 

因みに
南極は大陸であるが北極は海である。そんなことから北極の氷りが解けても水位は高くならない。例えばコップに水と氷りを入れて氷りが解けても水位は変わらない。


世界の地球上に占める陸地は30%で70%は海である。


また、アフリカ方面では砂漠化が進み、米国やカナダ、オーストラリア、ロシア、中国などで干ばつにより食料の生産に大きな影響が出始めている。


もし、輸入大国日本はこれらの影響をもろにかぶり、輸入が途絶えたならば、1年後には3000万人が餓死すると言う。


賞味期限に戻るが、食べれるのに何故捨てるシステムになったのか?これには商社等の利害関係が大きく係っている。


讃岐うどんの賞味期限は2015年7月28日であった。1日前で殆ど販売ルートから消えたはずである。


輸入商社等は、即原料を販売ルートに乗せるシステムになっているのだ。


よって、全て廃棄処分。もし、賞味期間を2週間延ばすと。年間売り上げが大幅な減収となる。


賞味期限は、食品の安全にかこつけて商社等が儲かるシステムになっている。


政府は、あらゆる食品の賞味期限や消費期限を今一度見直しをし、余剰食品を途上国の子ども達に行き渡るシステムを構築すべきである。


食糧を約6割以上輸入していながら、世界一の残飯大国。その汚名を返上して貰いたい。


穀物自給率(2011年)、食糧自給率(2014年)は農林水産省資料

 

5月ラン&ウォーキング日記
75ヶ月連続75万歩以

 

上に挑戦中
(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)

 

2020年5月24日現在

 

累計歩数
115.871.941歩

 

累計距離
92.698km

 

地球一周約4万kmとして
2.31700周

 

①5月の目標 775.000万歩
1日25.000歩(20km)

 

②5月24日の実積
21.944歩(17.6km)

 

③5月トータル
691.879歩(553.5km)

 

④達成率89.3%

 

今日も皆様へ
素敵な1日が
訪れますように!

|

« 庭に咲く花 | トップページ | 畑仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭に咲く花 | トップページ | 畑仕事 »