ペット

2017年11月13日 (月)

動物愛護センター

保健所の管轄で動物管理センターや動物愛護センターなるものがある。
 
聞こえはいいが、なんのことはない犬猫を保護し一定期間、引き取りなければその犬猫の処刑場だ!
 
一度だけ函館市郊外にある、その処刑場を訪ねたことがある。
 
目的は番犬になる、大型犬を探すためだ。
 
係り員がすぐ捕獲した犬を見せてくれた。
 
犬は狭い部屋に入れられ、前面は金網、両サイドと裏側はコンクリートの壁。
 
殆どの犬の目は殺気だっていた。この場所で殺された犬の霊がさ迷っているのか?
 
金網の高さは3m位ある、そこを飛び越えて逃げようとする犬もいるが、頑丈な扉に阻まれ、そこでアウト。
 
係り員からは1匹でも助けたい気持ちが伝わってくる。飼いたいが、札幌と函館を往復し、さらに、番犬となる大型犬は見つからなかった。
 
センターを見ての感想。
 
飼い主は子犬のころは可愛いがるが老犬になると、簡単に捨てる。
 
さらに、繁殖業者には計画性がなく、需要にみあった生産をしていないことに大きな問題がある。
 
罪のないペットが無差別に殺処分されている日本の現状は異常である。
 
最後は心暖まる記事
「愛犬の健康診断を2時間でやってもらいたい」と、神奈川県の女性から北海道根室管内中標津町の青い鳥動物病院へ入った。
女性は亡くなった愛犬とそっくりな犬が中標津保健所にいることを夫がインターネットで見つけてくれた。
 
「何かの縁だ」女
性が同保健所に電話すると、殺処分は翌日の予定だった。「引き取りに行くので処分をやめて」
神奈川県から行くと知ると、職員も驚いていたという。
 
約束の日。新品のキャリーケースでやってきた。その犬はアメリカンコッカースパニエルで、診断の結果、異常はなかったが歯石がひどかった。
 
きれいにし、ぐらついた歯を抜くと口臭は消えた。女性は最終便に乗せるため、空港へ急いだ。
 
新年女性から写真が届いた。愛犬の顔はすっかり優しい顔に変わり「ラッキー」という名前をつけられていた。
参考資料
 
北海道新聞(数年前の記事)
青い鳥動物病院・根室管内中標津町
中田千佳夫
11月ラン&ウォーキング日記(45ヶ月連続100万歩挑戦)
①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」
 
②11月13日の実積39.117歩(31.3km)
 
③11月トータル540.787歩(432.6km)
 
④達成率53.8%
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

捨てられた猫を狙うキタキツネ

通勤途中、河川敷に佇む黒猫がいた。

O0960092714067367450
 
場所的に捨て猫と思われる。
 
猫の傍をウロウロしてるお方がいた。
 
 
こやつはキタキツネ、猫を食べる積もりか?
 
O0942096014067367486
 
近くにキタキツネの巣穴。
 
もしかして、コギツネがいるのかも?

O0960072014067394109

キタキツネの足跡
 
 
O0960072014067375511
 
11月ラン&ウォーキング日記(45ヶ月連続100万歩挑戦)
①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」
 
②11月10日の実積42.478歩(34.0km)
 
③11月トータル428.108歩(342
.5km)
 
④達成率42.6%
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

可愛そうなワンコちゃん

札幌市中の川遊歩道で時々出会うワンコちゃんは、リード無し。

O0960095714066135286
 
ご主人は、40~50メートル前方を後方を確認しながら行く。
 
ワンコちゃんは老犬ゆえ、一生懸命歩いても離れる一方。
 
問題なのは
 
ワンコちゃんが芝生へウンコを垂らすながら、ご主人に遅れまいとして急ぐ。
 
ご主人は、ウンコの処理をせず知らぬふり。
 
ここは公の遊歩道ですぞ、お主何を考えとる。
 
11月ラン&ウォーキング日記(45ヶ月連続100万歩挑戦)
①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」
 
②11月9日の実積37.986歩(30.4km)
 
③11月トータル385.630歩(308.5km)
 
④達成率38.4%
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

無惨な姿、犬を遺棄する瞬間

無惨な犬を遺棄する瞬間

をご覧下さい。
をご覧下さい。
9月ラン&ウォーキング日記(43ヶ月連続100万歩挑戦)
①9月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」
 
②9月28日の実積0歩(0 km)
 
③9月トータル1.021.861歩(817.5km)
 
④達成率101.7%
26日で43ヵ月連続100万歩(800km)以上を達成した。
我ながらあっぱれ!
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

犬残酷物語

閲覧注意!残虐な文章ゆえ注意願います。
日本は愛犬国で犬を大事にするが、こんな残酷な扱いする国が・・・
その①
エスキモー
エスキモーは犬を愛犬とみなしていない、家畜そのもの、森林限界地帯(木はこれ以上先には生えない)に住むエスキモーは今でも運搬用に犬ソリを利用している。
この地方ではモービルも使うが、それは一握りの裕福な人々。
ソリを引くとき、いうことを聞かない犬は、ムチで容赦なく叩く、それも何回も泣き声が出なくなるほど叩く。皮が剥けて血がほとばしるのは普通の出来ごと、これで死ぬ犬もいる。
その②
初期の南極探検隊や北極探検隊
極点目指し、母国に帰るまで氷に閉じ込められ2年や3年はあたりまえの出来ごと。
南極の極点は陸地ですが、北極の極点は海のど真ん中。
北極探検隊は離船後、氷の上を極点に向かって犬ソリを引いて歩くわけですが、
氷は常に動いているので一晩寝てる間に元のところまで流されていることがよくある。
食糧は2年分位用意して出るのですが、解氷時期が悪いと3年以上の越冬を覚悟しなければならない。船に積む荷物の積載も限度がある。
そこで考え出されたのが、犬ソリ用の犬を多数持ちこむこと。
犬はアザラシ、熊などの生肉を与えておけば生きている。
100頭くらい連れていく。
実際に使うのは30頭以内。残りは犬のエサや人間の食糧。
殺すときは岩陰に連れていく、犬はオッポをふりながらついてくるので殺す役目の人は心を鬼にしないとできない。
最初のうちは銃の玉が豊富でしたから、銃を使っていたが、そのうち玉が減り出してからはナイフを使った。
ナイフも血が飛び散るので、首に紐の輪をつけて、左右に分かれ2人で首を絞めるがなかなか死なない。
次に犠牲になるのは、船のうえで産まれた子犬、同じ方法で殺すが、親犬以上に人間になついているので、殺す役目のひとは大変。
次の犠牲者は・・・まだいるのかって!うんまだいる。
い加減にやめろ!・・・あと一つガマンして!
お腹に子犬のいる母親、これは移動の邪魔になる。
こうして越冬用の食糧を調達していた。
真冬はアザラシもクジラも熊もいないので悲しい犠牲になるのです。
参考図書
「極北」フリッチョフ・ナンセン
「南極点征服」ロアルド・アムンゼン
「エンデュランス号漂流」A・ランシング
8月ラン&ウォーキング日記(42ヶ月連続100万歩挑戦)
①8月の目標 100万歩「1日32.500歩(26.0km)」
 
②8月26日の実積24.529歩(19.6km)
 
③8月トータル978.394歩(782.7km)
 
④達成率97.1%
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

犬の平熱体温とは

知らなかった!

小型犬の場合、平熱時は38.6℃~39.2℃です。

大型犬の場合、平熱時は37.5℃~38.6℃です。


犬の体温は午前中は低く、午後の方が高くなります。また、散歩による運動後は体温が上昇します。そのため、愛犬の状態が同じ時に体温を測りましょう。

普段の体温より1度高い、または1度低い場合は、どこか調子がおかしいと考えられます。

特に40℃を超えたら赤信号ですので、すぐに動物病院で診てもらう必要があります。

計る場所は
体温計は人間用でも良いが、ペット用がベスト。

計る場所お尻、尾っぽのつけ根を軽く持ち上げると肛門がひらくので、3㎝~5㎝入れて体を固定する。
我が家は人間用は無理、何故ならワシの測る場所は舌(皆さんは脇の下ですか)、ワンコを測った後ならウンコが着いている(笑)
8月ラン&ウォーキング日記(42ヶ月連続100万歩挑戦)
①8月の目標 100万歩「1日32.500歩(26.0km)」
 
②8月25日の実積33.013歩(26.4km)
 
③8月トータル953.865歩(763.1 km)
 
④達成率94.7%
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

ダルビッシュ有投手捨て犬引き取る

先月、こんなニュースが流れていたのを知ってますか?
日ハム時代からダルビッシュ有投手のファンであったことから清々しい気分。
記事内容

米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手がエンゼル戦登板を翌日に控えた28日、本拠地アーリントンで報道陣の取材に応じ、捨て犬の飼い主募集するツイッターを前夜閲覧し、この日朝に引き取ったことを明らかにした。

既に飼っている犬と合わせると6匹目。
「そうゆう所(収容施設)で死ぬというのが嫌いだと思った」と言う一方で「僕が全部引き取ってくれるんじゃないかと思われると困る。責任を持って面倒を見られると思ったら購入して欲しい」と訴えた。
4月30日北海道新聞朝刊抜粋
私もダルビッシュ有投手程では無いが、過去に捨ていぬや猫を育てた経験がある。
5月ラン&ウォーキング日記(39ヶ月連続100万歩挑戦)
 
①5月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」
 
②5月31日の実積0歩(0km)
 
③5月トータル1.026.078歩(820.9km)
 
④達成率102.5%
既に、39ヶ月連続100万歩(800km以上)を達成した。
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

不運な犬

数年前の話しである。

石狩新港で釣りを終え、釣り道具の整理をしていた。

その時、1台の乗用車が入ってきた。男は車から首輪へリードを付けた中型犬を下した。犬は散歩と決め込んで喜んで男に着いて行った。

男は突然首輪を外すと車に乗り込んだ、犬は後部席に乗れるものとドァから離れなかったが、車は徐々にスピードを上げ走り去った。犬は突然の出来事に狼狽え、吠え続けて後をおったが、車は見えなくなった。

暫くして、置き去られた場所へ犬は戻ってきた。

私は、初めの内、何が行われたのか分からなかった。犬の訓練でもしているのかと思っていたが、何か不自然であった。捨てられたのだ!

あまりのショックで私は茫然としていた。助手席には奥さんらしい女性が乗っていたが、犬を捨てることに対し心の葛藤はなかったのか?なかったんでしょうね。あったなら家族同然愛してきた犬を捨てる訳がない。

翌日、会社の帰り畑に寄ったついでに釣り場へ行ってみた。犬は連れ戻されていることを期待し、釣り場に着いたら、犬は降ろされた辺りをウロウロしていた。

釣り人の常連に聞いてみたところ、昨日からずっと飼い主を待っているという。餌を上げても臭いをかぐが少しより食べないという。

私は近くのコンビニから缶詰を買ってきた。蓋を開けて挙げたが少しより食べない。その内カラスに全部食べられてしまった。

捨てられた環境の変化に耐えられず、餌を食べれないようである。

呼ぶが近づいてくることはなく、触ろうとすると逃げ得ていく。さらに唸って威嚇する。家に連れ帰ろうとしたが無理である。

次の日も釣り場へ行って見たが、やっぱしいる。詳しくは知りませんが、忠犬ハチ公、飼い主が亡くなっても、毎日駅前に帰りを待っていた。それと同じような光景。

犬はやつれが酷く水を挙げたらガブガブ飲みだした。そうだ!水が欲しかったのだ!それからコンビニへ走り缶詰とおにぎり、ドックフードを買ってきた。今度はよく食べてくれた。

しかし、触ろうとすれば唸り威嚇する。その内慣れてくれることに期待し、一日に1回餌やりにいったが。

3日目にはいなかった。常連に聞いたら保険所で連れていったという。すぐ保険所の捕獲場所へアクセス、処分されていなければ写真が見れる。確かに写真は公開されていた。1週間飼い主が現れないと処分される。

犬の収容先は一度函館で見たことがある。番犬用に欲しいので探していたのだ。係員は簡単に説明してくれた。檻に入れられると異常な行動を取る犬が多いという。例えば、檻の上2メートルは網はない。

なぜならこの上を乗り越えて逃げようとする犬はいないからである。しかし、何匹かは乗り越えたそうである。でも、そこを乗り越えても鉄の扉がさらにある。逃亡は不可能である。

係員は檻に入れられた瞬間死の臭いをかぎ、最後に残っている力を振り絞り2メートルを飛び越えるのだという。犬の生への希望も空しく1年間で何百万匹の犬や猫が処分されていくのである。

飼う人はペットは家族の一員と認めないなら飼う資格はないのだ。子犬の頃、可愛いさのあまり、その瞬間だけを見て飼うから犬の不幸は絶えない。

4月ラン&ウォーキング日記(38ヶ月連続100万歩挑戦)

①3月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」

②4月3日の実積 40.413歩(32.3km)

③4月トータル139.616歩( 111.7km)

④達成率13.9%

今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

犬の十戒

ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする?

以前発表した記事を、若干補足訂正した。

私の知り合いがペットショップに勤務していたが、ある事実を知ってから仕事に対し意欲が湧かなくなり退職した。


この犬たちは(全てメス)一生(子どもが生める間)この狭いゲージで過ごす。よく啼犬は声帯を切り取られる。トイレもゲージの中で新聞紙の上に。

病気になってもろくに治療もしてもらえない。もちろん散歩などはありえない。不人気犬種や子供を生めなくなった犬は、、、、処分。(実験動物、家畜の餌、焼却処分、山の中に放棄)

O0219016513812203868

法律では、ペットは「物」。他人の犬を殺しても器物破損になるだけ、自分の犬を殺しても、家から出るゴミ。もちろんペットショップとて例外でない。


保険所へ持ち込めば狂犬病予防法により殺処分にしてくれる。


ペットフード協会によると、平成25年度犬の飼育頭数は10.872千頭。猫は9.743千頭である。

問題はペットショップで売れ残った子ども達の運命であるが、ペットショップ側では、店員やバイト、常連客に安く譲るということである。また、トリマー学校のカットモデルとして利用しているという。


実は知り合いが退職した原因は、売れ残った可愛い子犬を山に捨てるということが原因であった。

納得する事柄が1件あった。以前、山菜採りに裏山へ入った時、小さな子犬が笹薮から現れた。見るからに捨てられたと言う感じでヨタヨタ私の後ろをついて来た。

抱きかかえ家に連れ帰った。そのワンコはその後18年6か月の長きにわたり、我が家の一員として幸せな生涯を送ったことは言うまでもない。


某運送会社は毎日ペットショップへ集荷に行く契約している。届け先は分からないが、品名は肉だそうです。


これらに関する法律は整備されておらず、生き物を「物」として扱う日本は果たしてそれでいいのか?良いはずはない。ペットは家族の一員である。老後はペットとともに送る家庭も多い。


表に出ない殺処分は40万頭とも言われている。この数字は現実的なのかも知れない。動物を憐れむ心なくして、どうして人間を憐れむことができようか。政府は家族の一員であるペットに温かい目を向けて欲しいものである。

特定非営利活動法人日本ヒューマン&ペット協会作

「捨て犬十戒」

をご覧ください。私は涙をボロボロ出して読んだ。

1.僕を迎えてくれた時の事は決して忘れません。暖かい家族の中で幸せでした。ご主人様とお楽しい思い出は決して忘れません。

2.ご主人様が望んでいるようには振る舞えなかったかも知れません。僕はあまり可愛らしくなかったかも知れません。でも、ご主人様に喜んでもらいたくて、精一杯頑張ったことだけは本当です。

3.ご主人様がいなくなっても、きっと迎えに来てくれると思って待ってます。側にいられなくなった訳は良くわからないけれど・・・僕を嫌いになったからじゃないと自分に言い聞かせています。

4.僕を産んでくれたお母さん、お父さんに、ありがとって言いたい。こうして楽しい思い出を宝物にできたのも、命を与えてくれたからです。生きていたから味わえたのです。ありがとう。

5.今は、たくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。でもみんな悲しそうです。僕もなぜか寂しい、物足りない気持ち一杯です。

6.多くの仲間たちは、連れていかれ二度と顔を見ることもない毎日です。そのときの悲しそうな目をみたことはありますか。

7.一部の仲間たちは、たまに新しいご主人が連れて帰ります。ご主人様が迎えに来てくれないなら、僕も新しいご主人様に連れて行かれるかもしれない。優しいご主人様だったら嬉しいけど・・・

8.僕にはご主人様を選ぶことはできません。でも僕を迎えてくれるご主人様が、どこかにいるかも知れない。もしそうなったら、今度はもっともっと気に入れられるように頑張ります。

9.ご主人様、早く僕を迎えに来て下さい。そして今度こそずっとそばに置いてください。それだけが僕の願いです。

10.ご主人様、これだけは覚えておいてください。僕だって生きているということを。心だってちゃんとあるということを。天に召される最後の時まで、ご主人様に尽くしたいと思っていることを。


12月ラン&ウォーキング日記(34ヶ月連続100万歩挑戦)
①12月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」

②12月4日の実積 40.528歩(32.4km)

③12月トータル163.069歩(130.5㎞)

④達成率16.3%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

マナー悪い愛犬家

札幌市の公園は、先日降った雪は消えた。

ところが、あっちこっちからフンが顔を出した(笑)

こんなところに
O0480064013812841160
 
ここにも
 
O0480064013812841184
 
ここにも
 
O0640048013812841209  

私は小さなビニール袋(ボランティアゴミ袋は区役所で貰える)持ち歩きしていることから、イタドリの茎でつまんで処理。

 O0640048013811198888

このようにマナー悪いヤツは、容赦なく罰金を取れ。

雲の上から偵察中

リード離しての散歩は、年配のおっさんが多いことがわかった!

O0640048013811206183

札幌市は公園の至る所に看板は有るのだが

O0640048013812787225

札幌市畜犬取締り及び野犬掃とう条例によると。違反すると5万円以下の罰金に処せられることがあります。

散歩のときはフン入れを持って歩き、万が一自分の敷地外で排泄してしまった時はきちんと片付けましょう。

フン処理は、各自治体によって異なることから、皆さんお住いのHPをご覧下さい。

札幌市では
袋を二重にするなど飛散防止をする。燃やせるゴミとして出せる(有料)。

12月ラン&ウォーキング日記(34ヶ月連続100万歩挑戦)

①12月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」

②12月3日の実積 50.438歩(40.4km)

③12月トータル122.541歩(98.0㎞)

④達成率12.2%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

W杯ジャンプ | いじめ | おたるドリームビーチ | お正月 | お盆 | たばこ | イチゴ | インターネット記事 | ウオーキング | ウオーキング大会 | オリンピック | キタキツネ | キノコ | クリスマス | クローバー | サケ | サンセットビーチ銭函 | スポーツ | スーパーマーケット | タバコ | トイレ | ニュース | ブログ | プロ野球 | ヘビ | ペット | ポイントカード | マダニ | ランニング | ラン&ウォーキング | 不倫 | 中国 | 中国野菜・加工食品 | 事件 | 事故 | 交通事故 | 伝説 | 健康 | 公園 | 冬の訪れ | 前田森林公園 | 労働者 | 動物 | 化学 | 北方領土 | 北朝鮮 | 医学 | 医療 | 医薬品 | 原発関係 | 園芸 | 大リーグ | 大相撲 | 夫婦 | 季節 | 孫娘 | 宇宙 | 安全衛生 | 宝くじ | 家庭菜園 | 家族 | 尖閣諸島 | 山菜 | 希少価値 | 心霊スポット | 放射性物質 | 故郷 | 文化・芸術 | 文学・教育 | 料理 | 新聞記事 | 方言 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫 | 晩秋 | 書籍・雑誌 | | 札幌市 | 朽ちた家シリーズ | 東日本大震災 | 果実酒 | 果物 | 植物 | 樹木 | 歴史 | 気象 | 気象・地震 | 洞爺湖 | 洞爺湖有珠山ジオパーク | | 海外ニュース | 珍獣 | 環境・自然 | 生物 | 男シリーズ | | 病気 | 真夏日 | 真鯉 | 社会 | 福島第一原発事故 | 科学 | 童謡 | 米国 | 紅葉 | 経済・政治・国際 | 美術 | 老後 | 職場 | | 菜園 | | 話題 | 誕生日 | 読書 | 読書の時間 | 趣味 | 農業 | 逃げる女シリーズ | 遊歩道 | 遺跡 | 酒類 | 野草 | 野菜 | 野鯉 | 野鳥 | 釣り | 電力 | 食事 | 食品 | 魚介類 | 鳥類