大リーグ

2012年10月22日 (月)

大リーグ:Rソックス“仰天トレード”レギュラー出して監督取り

2012年10月22日

 レッドソックスの新監督に、今季ブルージェイズで指揮を執ったジョン・ファレル氏(50)が就任することが20日(日本時間21日)、分かった。同氏はブ軍と3年契約の2年目で来季契約を残していたが、レ軍がレギュラークラスの選手を譲渡することで合意した。トレード要員は内野のユーティリティーで今季13本塁打、60打点だったアビレスが最有力となっている。

 交換トレードのような形で指揮官が移籍するのは異例。しかも、同地区のライバル球団からの引き抜きとあって、複数の米メディアは「既にレ軍はファレル氏と複数年契約をとりつけた」とも報じている。レ軍は今季69勝93敗で東地区最下位。10月には成績不振を理由にボビー・バレンタイン監督を解任した。同氏は07年から4年間、レ軍で投手コーチを務め、松坂らを指導した。07年にはリーグ1位のチーム防御率3.87で世界一にも輝いた。球団関係者も「選手からの信頼は今でも厚く、最適な人物」と語る。来季のレ軍残留が決定的な田沢にとっても頼もしい新監督誕生となりそうだ。

 ▽大リーグでの過去の仰天移籍 昨年9月にはマーリンズがホワイトソックスのオジー・ギーエン監督を引き抜いた。契約を1年残していたが、ホ軍が同26日に契約を解除し、2日後の28日にマ軍と正式契約を交わした。10月にはカブスがレッドソックスと契約期間中だったセオ・エプスタインGMを獲得した。事前にレ軍に申し合わせがなく、強奪した形となったため、波紋を呼んだ。最終的にはレ軍にマイナー選手2人、カ軍にはマイナー選手1人が移る「2対2」の交換で決着した。(スポニチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトB岡島がMLB再挑戦希望

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校野球:夢に向かって、大谷覚悟のメジャー挑戦

毎日新聞 2012年10月21日 21時39分(最終更新 10月21日 22時31分)

メジャー挑戦を表明する花巻東の大谷翔平投手=岩手県花巻市で2012年10月21日午後5時13分、小川昌宏撮影

メジャー挑戦を表明する花巻東の大谷翔平投手=岩手県花巻市で2012年10月21日午後5時13分、小川昌宏撮影

 高校球界屈指の右腕が自らの思いを貫いた。21日、夢を追い求め、米球界を目指すことを表明した岩手・花巻東の大谷翔平投手。日本では前例のない選択だけに困難が予想され、帰国後3年間の復帰制限というリスクもあるが、「覚悟して行かないといけない」と自覚は十分。新たな道を切り開く挑戦が始まる。

 「早い段階であっち(米国)に行きたかった」。直接、大リーグを目指す理由を大谷はこう説明した。プロ野球に進んだ場合、海外フリーエージェント(FA)権の獲得は早くても9年かかる。花巻東の佐々木洋監督によると、大谷には早く渡米して、長い選手寿命の中で活躍したい考えがあるという。

 95年に野茂英雄が大リーガーとなって以降、日本選手が次々とメジャー入りし、大リーグは日本人にとってなじみの深いものとなった。佐々木監督は「(直接)メジャーを目指す子供たちが出てくる」と指摘。大谷も、松坂大輔(レッドソックス)らの活躍に刺激され、大リーグを夢見るようになった。

 言葉や文化の違いなどから大谷を思いやり、国内球団を勧める周囲の声に悩んだが、大リーグへの強い思いは変わらなかった。異国の地で激しい競争を勝ち抜き、マイナーからはい上がるのは容易ではない。それでも、09年に同じように日米どちらの球界に進むか揺れ、涙ながらにメジャー断念を表明した花巻東の先輩、菊池雄星投手(西武)とは対照的に、大谷の表情は明るかった。

 「できるだけ早く(メジャーに)上がれるように頑張りたい」。大リーグのマウンドに立つ夢に向かって突き進む。【立松敏幸】

高校野球:「両親ら説得」大谷投手メジャー挑戦

http://mainichi.jp/sports/news/20121022k0000m050079000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

大リーグ:ヤンキース4連敗、リーグ制覇逃す

毎日新聞 2012年10月19日 08時37分(最終更新 10月19日 11時22分)

ヤンキースに勝利しア・リーグ優勝を決め、喜ぶタイガースの選手たち=AP

ヤンキースに勝利しア・リーグ優勝を決め、喜ぶタイガースの選手たち=AP

 【デトロイト(米ミシガン州)小坂大】米大リーグは18日、プレーオフのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第4戦を行い、ア・リーグは第4戦で、イチローと黒田が所属するヤンキース(東地区1位)がタイガース(中地区1位)に1−8で敗れ、第1戦から4連敗でシリーズ敗退が決まった。タイガースは6年ぶり11回目のリーグ優勝を果たし、24日からのワールドシリーズに進出した。イチローは「1番・左翼」で出場し3打数無安打だった。ナ・リーグは2勝1敗と先行するカージナルス(ワイルドカード=WC)が地元のセントルイスで、ジャイアンツ(西地区1位)と対戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

ヤンキース:Aロッド 試合中に観客ナンパ疑惑 先発落ちは懲罰か

2012年10月18日

 ◇ア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦 ヤンキース1−2タイガース(2012年10月16日 デトロイト)

 思わぬ醜聞が浮上した。ヤンキースは16日(日本時間17日)、タイガースとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦に敗れ3連敗。「2番・右翼」で先発したイチロー外野手(38)は2安打したものの、チームの貧打は解消されなかった。試合前には地元紙に、この日先発を外れた主砲アレックス・ロドリゲス内野手(37)の女性絡みのスキャンダルが報道されるなど、逆転ワールドシリーズ進出へ崖っ縁に立たされた。

 崖っ縁に追い込まれた。九回に21イニングぶりに得点するも痛い敗戦。ジョー・ジラルディ監督は「投手陣はよく踏ん張っている。選手を鼓舞して勝つことだけを考える」と厳しい表情で語った。

 主砲ロドリゲスとスウィシャーを外して臨んだ一戦。試合前には新たな火種が勃発した。ロドリゲスが13日の今シリーズ第1戦の九回、ヤ軍ベンチ後ろで観戦していた女性2人を、ボールボーイを通じて「携帯電話の番号を教えて」とナンパしていた疑惑が浮上。0−4の八回1死に代打チャベスを送られ、ベンチに下がったロドリゲスが試合に集中せず、女性にうつつを抜かしていたというのだ。くしくも第1戦は主将ジーターが延長十二回に左足首を骨折し、敗戦以上に大打撃を負った試合。17日付の地元ニューヨーク・ポスト紙によると「相手は水着モデルのカイナ・トレーシーさん(33)とその友人」。複数の地元紙によれば「渡されたボールには電話番号を書いて投げ返すよう書かれており、モデルの方は番号を書いて投げ入れた」という。

 指揮官はロドリゲスの先発落ちについて「状態を見て判断した。それだけだ」とナンパ報道との関連を完全否定。しかし、ポストシーズンは通算23打数3安打、打率1割3分と絶不調だが、タ軍先発のバーランダーには今季6打数4安打、打率6割6分7厘、2本塁打と相性が良かっただけに、地元では先発落ちがナンパ報道による懲罰と指摘する声もある。

 これで3連敗。過去に7回戦制の試合で第1戦から3連敗後に逆転したのは04年のレッドソックスだけ。ヤ軍がかつてない危機に陥った。

続く

http://mainichi.jp/sponichi/news/20121018spn00m050007000c2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

大リーグ:イチローは2安打…がけっぷちヤンキース

毎日新聞 2012年10月17日 12時57分(最終更新 10月17日 13時11分)

 イチローの孤軍奮闘も報われなかった。ヤンキースは九回途中まで投げたタイガースのエース、バーランダーと抑えのコークの継投に、イチローの2安打を含む5安打で1得点。敵地に場所を移しても流れは変わらずに、がけっぷちに立たされた。

 プレーオフで3勝目となったバーランダーは昨年のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)と最優秀選手(MVP)を同時に受賞。大リーグ屈指の右腕は最速約159キロの力のある速球とキレのある変化球をテンポ良く投げ込んだ。不振のヤンキース打線は打ちあぐね、プレーオフで大活躍のイバネスも沈黙した。

 イチローはバーランダーとの対戦打率が3割を超えていた。四回の第2打席に外角への変化球を逆らわずに左前に流すと、七回の第3打席は約150キロの速球を引っ張って一、二塁間を抜いた。イチロー以外は九回、9番・ヌネスの左越えソロ本塁打で意地を見せるのがやっとだった。

 主将ジーターが左足首を骨折して離脱した。移動日をはさんでの試合にジラルディ監督は不振のロドリゲスとスウィシャーを先発から外して心機一転した。それでも打線は3試合で5得点と活気が出ない。第4戦はエースのサバシアが先発するが、チームを取り巻く空気はどんよりと重い。【小坂大】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

大リーグ:ヤンキース連敗 リーグ優勝決定シリーズ

毎日新聞 2012年10月15日 10時58分(最終更新 10月15日 12時45分)

11奪三振の力投も報われなかったヤンキースの黒田=2012年10月14日、AP

11奪三振の力投も報われなかったヤンキースの黒田=2012年10月14日、AP

 【ニューヨーク小坂大】14日、プレーオフのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)を行い、ア・リーグは、ヤンキース(東地区)の黒田が当地でのタイガース(中地区)戦に先発し、八回途中まで3失点と好投したものの、打線の援護がなく敗戦投手になった。ヤンキースは0−3で敗れ2連敗。イチローは「1番・左翼」で4打数無安打だった。ナ・リーグは、第1戦で昨季覇者のカージナルス(ワイルドカード=WC)がジャイアンツ(西地区)を6−4で降した。

 ◇敗戦投手・黒田「悔しい」

 精神的支柱のジーターを欠き、打線も振るわない。チームに流れる沈滞ムードに好投も報われなかった。黒田は「チームが勝たないと意味がない」と振り返った。

 低めに制球して二回の3者連続を含めて11三振を奪った。「いい投球をすれば球場の雰囲気が良くなる。攻撃のリズムになればいいと飛ばした」と黒田。五回までカブレラとフィルダーがいる強打線を無安打に抑えた。

 しかし、味方打線は散発の4安打と援護がない。不運もあった。八回2死一塁で右前打を浴びたものの、一塁走者が二塁をオーバーランした。何度も流れた映像では味方の好返球で帰塁を刺していたが判定はセーフ。ここで黒田は降板し、中継ぎが打たれてダメ押しの2点を追加された。

 シーズンとは異なる中3日間でマウンドに立った。「ここまで来てけがをしたら仕方ない」とさえ思った。短期決戦の重要性を知っていたゆえの覚悟のマウンドだっただけに「いつも以上に悔しい」と黒田。チームも痛い連敗で敵地に乗り込むことになった。【小坂大】

=================

 ▽ア・リーグ

(2)ニューヨーク(タイガース2勝)

タイガース(中地区1位)

000 000 120=3

000 000 000=0

ヤンキース(東地区1位)

 ▽ナ・リーグ

(1)サンフランシスコ(カージナルス1勝)

カージナルス(WC)

020 400 000=6

000 400 000=4

ジャイアンツ(西地区1位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大リーグ:ヤンキース主将ジーターが骨折

毎日新聞 2012年10月14日 23時14分(最終更新 10月15日 00時21分)

タイガース戦の十二回、遊ゴロを捕球した際に倒れ込むヤンキースのジーター=ヤンキースタジアムで、共同

タイガース戦の十二回、遊ゴロを捕球した際に倒れ込むヤンキースのジーター=ヤンキースタジアムで、共同

 ヤンキースは13日、延長十二回の守備で左足首を痛めて途中交代した主将のジーターが「骨折で回復に3カ月を要すため、ポストシーズンはプレーできない」と診断されたと発表した。遊撃でゴロを捕球した際に倒れ込んで動けなくなり、両脇を抱えられて退場した。

 38歳のジーターは9月に左足首を痛めたが、強行出場を続けていた。二回に右前打して自身が持つポストシーズン通算最多安打数を200とした試合での大けが。ジラルディ監督は「選手生命を終わらせるけがではない」と強調し「主将抜きで何とか頑張るしかない」と沈痛な表情で話した。(ニューヨーク共同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

大リーグ:ヤンキース初戦落とす…リーグ優勝決定シリーズ

毎日新聞 2012年10月14日 17時10分(最終更新 10月14日 17時19分)

ヤンキースを−6−4で破り、喜ぶタイガースの選手=2012年10月14日、AP

ヤンキースを−6−4で破り、喜ぶタイガースの選手=2012年10月14日、AP

 【ニューヨーク小坂大】米大リーグは13日、プレーオフのア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)が始まり、タイガース(中地区1位)が延長十二回の末に6−4でヤンキース(東地区1位)を破った。ヤンキースのイチローは、4点を追う九回裏にポストシーズン初本塁打となる2ランを放って延長に持ち込む反撃に加わるなど、6打数4安打2打点。タイガースは九回に抑えのバルベルデが2本の2ランを浴びて逃げ切りに失敗したが、十二回にヤングの適時二塁打などで2点を勝ち越した。

 ○…初戦のイチローはポストシーズンで自身最多の4安打をマーク。前夜までの地区シリーズでは打率2割台前半と湿ったバットが一夜明けて当たりを取り戻した。

 0−4の九回1死二塁の第5打席では抑えのバルベルデの速球を鋭く振り抜いて右翼ポール際に2ラン。これが呼び水となり、ポストシーズンで神懸かり的な活躍をしているイバネスが同点2ランで続いた。先頭打者で迎えた十一回の第6打席も変化球をうまく合わせて中前打。サヨナラの足場を築いたが後続が倒れ、十二回にタイガースに勝ち越された。

 主将ジーターが負傷したうえに日付が変わって午前1時まで続いた5時間の試合を落とした。重い雰囲気にさすがのイチローも「きょうは勘弁して」と、うつむいていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチロー2ランも…ヤンキース、初戦落とす

【ニューヨーク=西村海】米大リーグのプレーオフは13日、ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)がニューヨークで開幕し、ヤンキース(東地区)は延長の末に4―6でタイガース(中地区)に敗れて先手を取られた。

201210149320801n

 九回にイチロー、イバネスの2本の2ランで追いついたが、十二回に2点を勝ち越された。

 イチローは2番・左翼で出場し、プレーオフで自身初の本塁打となる右越え2点本塁打を含む6打数4安打2打点。14日の第2戦は、黒田が中3日で先発する。

 ナ・リーグ優勝決定シリーズは14日に開幕し、ジャイアンツ(西地区)とカージナルス(中地区、ワイルドカード)が対戦する。

(2012年10月14日14時09分  読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧