医薬品

2017年2月14日 (火)

インプラノン とは?

突然ですが、インプラノン知ってますか?

世界各国で利用されている避妊具。日本厚生労働省未認可品ですから知らなくて当然。

一般的な避妊方法はピルやコンドーム、パイプカット。

インプラノンは直径2ミリ位、長さ3~4センチ位のマッチ棒みたいなものを、皮下に埋め込んで利用する。

O0175012513868616564

 

オランダの大手製薬会社、オルガノンが製造販売。プロゲストーゲンという黄体ホルモン(妊娠した状態にしてくれるすぐれもの)が入っていて、それが体内に吸収され排卵を抑制。

子宮頚管内の粘液が濃度を上げて「よりべたべた」となる事で精子が子宮内に入り込むのをガードする。

一度入れたらその日のうちから効き目を発揮し、3年間交換しなくて入れっぱなしで大丈夫。

挿入と摘出の際医師の処置が必要、局部麻酔で1分であっという間に挿入できる。

しかし、生理は子宮内を清潔にするということもある、また性病の拡散も考えられることから問題も若干ある。

ヨーロッパなどではコンドームやピルよりインプラノンを使用している人が多い。

インプラノン避妊率は99.9%ととても高い。

ちなみに正しく使用された場合コンドームは98%、ピルは99%という避妊率ですので、1年間に100人中それぞれ2人、1人妊娠するということになります。

ただ「正しく使用された場合」というのがポイントで、例えば毎日同じ時間に服用しなければならないピルの場合、実際の避妊率は92%まで下がってしまいます。

実用間近な男性用避妊具はこちら

http://rocketnews24.com/2014/09/24/487876/


2月ラン&ウォーキング日記(36ヶ月連続100万歩挑戦)

①2月の目標 100万歩「1日36.000歩(28.8km)」

②2月 14日の実積 40.203歩(32.2km)

③2月トータル569.817歩(455.9km)

④達成率56.5%

今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

インプラノン とは?

突然ですが、インプラノン知ってますか?

世界各国で利用されている避妊具。日本厚生労働省未認可品ですから知らなくて当然。

この避妊具でロンドンでは500人が妊娠した。

一般的な避妊方法はピルやコンドーム、パイプカット。

インプラノンは直径2ミリ位、長さ3~4センチ位のマッチ棒みたいなものを、皮下に埋め込んで利用する。

オランダの大手製薬会社、オルガノンが製造販売。プロゲストーゲンという黄体ホルモン(妊娠した状態にしてくれるすぐれもの)が入っていて、それが体内に吸収され排卵を抑制。

子宮頚管内の粘液が濃度を上げて「よりべたべた」となる事で精子が子宮内に入り込むのをガードする。

一度入れたらその日のうちから効き目を発揮し、3年間交換しなくて入れっぱなしで大丈夫。

挿入と摘出の際医師の処置が必要、局部麻酔で1分であっという間に挿入できる。

しかし、生理は子宮内を清潔にするということもある、また性病の拡散も考えられることから問題も若干ある。

ヨーロッパなどではコンドームやピルよりインプラノンを使用している人が多い。が、日本では上記の問題がることから認可しないよである。

ちなみに、米国では男性用ピルの認可が間近。

ウォーキング日記

1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(16.0km)」

1月4日  走法 ラン&ウォーク 33.692歩「27.0km」

1月トータル 107.678歩「86.1km」

達成率134.6%

近くの市道に1周3キロのコースを設定し、雪道になって初めてラン20キロ、ウォーク7キロを完走完歩した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)