鳥類

2016年11月22日 (火)

渡り鳥

鳥の名は分かりませんが、電線で休憩中。

O0436036213778512179

一斉に南方面へ飛び立った。
何処へ向かったのか?

O0459036913778512185
越冬は命懸け

アネハヅルは標高8,000m級のヒマラヤ山脈上空をチベット側からインド側に
命がけで飛び越え、インドで越冬する。

上空が思わね低温に見舞われると、バタバタと落ちて死ぬと言う。

11月ラン&ウォーキング日記(33ヶ月連続100万歩挑戦)

①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」

②11月22日の実積 36.646歩(29.3km)

③11月トータル870.293歩(696.2㎞)

④達成率86.6%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

札幌市中の川で見たカモと小鳥

中の川を通り会社へ向かう途中、見たことが無い水鳥がエサをさがしていた。

いつもカメラを持参するのだが、残念ながら今回は忘れてきたことから、スマホで撮影したが画像はボケ。

帰宅し鳥類図鑑で調べたところ、左の二匹はホシハジロらしい?

O0800053813250447409

↓カワアイサらしい。どちらもカモの仲間

O0800064213250447535

こちらは数日前

キャノンSX60HSで写したキレンジャク

O0640042413250464788

ラン&ウォーキング日記 

①3月の目標 1.000.000歩「1日32.300歩(26.0km)」

②3月20日 走法 ラン&ウォーク47.411歩(37.9km)

③3月トータル 791.835歩(633.5km)

④達成率 122.6%

今月の目標である100万歩まで208.165歩となった。

残り11日間あることから1日18.924歩で達成。

昨年3月から続いている100万歩以上は、今月で連続13ヶ月となる予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

マガモたち

秋の気配が深まりゆく今日この頃。札幌市旧中の川では、大きく育ったヒナ達が一生懸命エサ探しに余念がない。

O0800048213065562127

旧中の川は工業廃水や家庭廃水に汚染されておらず、とても綺麗である。

O0800067013065562316

人が近づいても怖がることもなく兄妹仲良くエサ探しO0800052313065562573

岸辺は綺麗に整備され、外敵がいないことからカラスと一緒にのんびりと日向ぼっこ

O0800060813065562766

人間に警戒しないが、カラスには若干警戒している。エサを横取りするからである。

O0800057113065563044

ウォーキング日記

①9月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

②9月28日走法 ラン&ウォーク 33.050歩(26.4km)

③9月トータル 1.098.796歩(879.0km)

④達成率 157.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

マガモの二番子

二番子とは今年に入り二回目に出産した雛のこと。
この調子だと三番子までいきそう。

北海道の三番子は危険がいっぱい。何故なら十分大きく育たない内に雪の季節となるからである。

おまけ
ブチュ

ご存じの橋本聖子に襲われた高橋大輔選手。
 

合意のうえだと言うが、力関係を利用した性的行為とも思われる。セクハラに等しい。

ウォーキング日記

8月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

8月26日走法 ラン&ウォーク 37.981歩(30.4km)

8月トータル 935.545歩(748.4km)

達成率143.9%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

マガモはいずこへ

例年、札幌市前田森林公園カナール(運河)には、数十羽のマガモが羽を休めているが、今回は♀の親鳥1羽とその雛3羽だけ。

メスのマガモ

O0800101813015746777

ヒナ3羽

O0800128413015747230

前回も同じような状況であったことから、飛来しなくなった原因は次のことが考えられる。

 カナールは、昨年から大掛かりな改修工事が行われ、この春新装オープンした。

改修は、全体的にコンクリートを流し込んだことから毒素が発生し、エサとなる藻が発生しなかったことが影響したものと思われる。

コンクリートの毒素が無くなれば藻は発生する。
来年あたりから藻は徐々に発生。マガモの飛来が楽しみである。

遊歩道では秋の花、萩の花が咲きだした。

O0800144913015759983

ウォーキング日記

7月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

7月27日 走法 ラン&ウォーク 41.639歩(33.3km)

7月トータル 1.082.779歩(866.2km)

達成率160.4%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

カラスの襲撃

雛は巣立ちを始めるこの時期、親カラスは神経過敏になり、通行人を襲うことから注意が必要。対策として傘をさす、長い棒を頭上に掲げる等をすると襲うことは無い。

先日、予告無にいきなり後頭部を襲われた。親鳥は側まで来て威嚇し逃げようとはしない。

O0800053412998016464
ワシは怪獣に応援を頼んだ!ウォーと一喝!(笑)。

O0800062112998016580
さらに、もう一頭加勢してくれた。カラスはあえなく退散(笑)。良い子の皆さんは信用しないでね。

O0800037012998016821

ウォーキング日記

7月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

7月23日 走法 ラン&ウォーク 32.654歩(26.1km)

7月トータル 937.789歩(750.2km)

達成率163.1%

7月の目標は既達成し100万歩に迫る勢い。もし100万歩達成したなら5か月連続となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

カッコウの托卵

6月に入り、新川緑地の森から、かっこうの鳴き声が聞こえる。この木の何処かに居る筈だが姿は見えない。

ここで、托卵とは何ぞや?知る人ぞ知るが、知らない人が殆ど。

ワシはガキの頃からカッコウの生態を知っていることから、ある程度知識はある。

托卵とは、自分で卵を温めてヒナを誕生させることが出来ない。要するに育児放棄。でも、こんなことをされても子孫は残る。

カッコウは、モズやオオヨシキリ等の巣に卵を産み付け、相手に子どもを育てさせる。本人は何もしない。先日のブログに書いたマガモより悪い。

何故、自分で抱卵「卵を温めて孵化(雛誕生)」しないのか、大きな疑問。それには大きな訳があるのだ!

カッコウとて自分で子育てはしたいが、出来ない理由がある。

それは、カッコウの体温が低いため、抱卵しても子どもが誕生しない欠点があると言われている。そのため、モズやオオヨシキリの巣にお世話になる訳である。

ここで、生物界の厳しい掟がある。オオヨシキリとカッコウについて考えて見る!

写真↓上はオオヨシキリ、下の大きな口を開けているのはカッコウのヒナ。この時点でエサを運ぶオオヨシキリより大きい。しかし、オオヨシキリの親は何ら疑問を感じない。

カッコウはオオヨシキリの巣に托卵する時、オオヨシキリの卵が3個あれば、自分が2個産んだ時、数合わせをする頭脳がある。彼は、オオヨシキリの卵2個を巣から捨てる。更に、卵の色をオオヨシキリの卵に似せる。

カッコウのヒナが早く誕生するが場合が多い。その時、産まれたばかしのヒナは、大ヨシキリの卵や早く誕生していたヒナが居た場合、巣からヒナや卵を放り出す。

このような作業は、オオヨシキリも行う。早くオオヨシキリのヒナが誕生したなら、カッコウの卵を巣から放り出す仕草をするが、カッコウの卵が大きいことから放り出すことは出来ない。

写真はネットから拝借、エサを運ぶオオヨシキリとカッコウのヒナ。

ラン&ウォーキング日記 

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月2日 走法 ラン&ウォーク38.700歩「31.0km」

6月トータル 72.409歩「57.9km」

達成率144.8%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

マガモの二番子

二番子とは、今年になって2回目の出産を言う。

写真みて分かる通り、♂の助平面は人間と何ら変わらん(横を向いてしまった)

この2羽は遊歩道の側、30センチ位近づいてもビクッともしない。

♀は早く乗ってと言いながらお尻を向けているが、♂は焦らす戦法で無関心を装っている(笑)

頭のなかはエッチムード満開。これから儀式が始まるに違いない。
見ていたいが遅刻する。

子孫を残す行為は3秒で終わる。人間なら、あんたもう終わったの?
と、言って女にお尻を蹴っ飛ばされる(笑)。

ラン&ウォーキング日記 

5月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

5月27日 走法 ラン&ウォーク38.005歩「30.4km」

5月トータル 911.0461歩「728.8km」

達成率135.0%


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

マガモになりたい

前を行くマガモの♂、それを負う♀。春先、札幌市旧中の川で愛を語るマガモの夫婦を見た。夫婦と言っても一夜限りの戯れ!

鳥類は殆ど、夫婦で子育てをするが例外もある。例外の代表的な鳥はマガモ。特に♂は無関心である。

マガモの♂は、やることは一人前であるが、、終わると単独行動。家族構成は存在しない。

やられた方の♀大変、抱卵から始まり子育てまで単独でやる(前田森林公園)。


大きくなっても、お母さんの後に着いてエサ探し(前田森林公園)


♂はと言えば、♂同士がかたまり、次の標的をさがしている(前田森林公園)。



ラン&ウォーキング日記 

5月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

5月23日 走法 ラン&ウォーク 32.890歩「26.3km」

5月トータル 740.852歩「592.7km」

達成率128.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)