交通事故

2017年1月20日 (金)

75歳以上の交通事故死

2015年に75歳以上のドライバーが起こした死亡事故は458件で、運転免許保有者10万人当たりの発生率は9・6件となり、75歳未満の4・0件の2倍以上だったことが16日、警察庁のまとめで分かった。

 

警察庁によると、75歳以上の免許保有者は、05年末に236万人だったのに対し、15年は477万人に増加。今年3月には75歳以上の運転者への 認知機能検査 を強化する改正道交法が施行されるが、25年ごろには「団塊の世代」による大幅な増加が予想され、一層の対策が求められる。

 

事故の要因では458件のうち、ハンドル操作やブレーキ、アクセルの踏み間違いなど「操作不適」が134件で29・3%を占めた。106件の「安全不確認」が23・1%、85件の「内在的前方不注意(漫然運転等)」が18・6%で続いた

 

ブレーキとアクセルの踏み間違いを巡っては、11~15年に計226件の死亡事故があり、75歳以上が半数近い109件を占めた。年齢層別で最も多かったのは80~84歳の53件で、23・5%に達した。65歳未満は48件で、21・2%だった。

 

O0346096013847712762
2017年1月17日北海道新聞朝刊引用

高齢化社会に向かっていることから、更に事故死は多発化するものと思われる。

対策として

①自動運転車の実用化

②免許更新時の年齢制限

①については、2017年に実用化され、2035年の新車割合は25%にする計画がある。

目的は
事故削減、渋滞緩和、環境負荷の低減を挙げている。

②については、新車や中古車の販売台数が数年で500万台以上減ることから慎重に考えるべきである。

更に地域性により、交通の便が良くない所もあり、買い物や病院等への対策が必要となる。

1月ラン&ウォーキング日記(35ヶ月連続100万歩挑戦)

①1月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」

②1月 20日の実積 31.072歩(24.9km)

③1月トータル729.916歩(583.9km)

④達成率72.9%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

三重衝突事故

12月24日

早出のため15時30分頃、帰宅を急いでいた。追分通りに差し掛かったところ雪は激しくなり、視界が次第に悪くなってきた。

前方にパトカーが3台止まり、赤い事故表示が見えた。

近付いて見たところ三重衝突事故らしい。

O0414031713168130747

向こう側に見えるステップワゴン車2台と手前の軽乗用車の事故のようである。

軽には人が乗っているようであるが、ドアが開かないのか?

O0414031713168130749

救急車が来た

O0414031713168130750

更に消防署から特殊部隊のような車が来た

O0414031713168130751

軽のドアは簡単に開いた。プライバシーの問題があることから写真を撮るのを止めた。

O0414031713168130897

ラン&ウォーキング日記

 

①12月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

 

②12月24日走法 ラン&ウォーク 32.517歩(26.0km)

 

③12月トータル 821.249歩(657.0km)

 

④達成率 136.9%

| | コメント (0) | トラックバック (0)