美術

2016年12月26日 (月)

ヒットラーの絵画

アドルフ・ヒットラーは、オーストリア人で後にドイツへ帰化した人物である。

少年の頃は母親の希望で修道院へいれられたが、タバコを吸って追放。

後にタバコを非常に嫌った。
喫煙はあなたを殺す、危ない、癌になるとポスターで宣伝した。

若き頃は芸術家の夢を抱いて、ウィーンで画家になるため、美術アカデミーへ入学しようとしたが、ヒットラーの写実的画風はウィーンに似合うことなく
不合格。

この絵を見て、
ガス室へ猛毒のチクロンBを封入し、吸わせ、ユダヤ人300万人を殺害した人物の絵とはとても思えない。

絵からは母子の優しさが満ち溢れている。

O0400029713829625029

12月ラン&ウォーキング日記(34ヶ月連続100万歩挑戦)

①12月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」

②12月 26日の実積 31.058歩(24.8km)

③12月トータル963.445歩(770.8km)

④達成率96.2%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

| | コメント (0) | トラックバック (0)