童謡

2017年6月 3日 (土)

スカンポの咲く頃

ガキの頃、通学路は今のように整備されておらず、河川敷の土手を歩いたことを思い出す。
 
土手にはスカンポ(スイバ)が咲き誇り、葉っぱを噛むと酸っぱい味がした。
 
札幌市中の川河川敷のスカンポ

O0480064013950592349

それでは、スカンポの咲く頃を歌ってお別れ!
 
作詞・北原白秋
作曲・山田耕筰
 
スカンポの咲く頃
 
♪土手のスカンポじゃわさらさ
♪昼は蛍が寝んねする
♪僕ら小学六年生
♪今朝も通ってまた戻る
♪スカンポスカンポ川のふち
♪夏がきたきた
♪ドレミファソ
 
原詩は「小学尋常科」で、私の記憶は「小学六年生」だった。
 
5月ラン&ウォーキング日記(39ヶ月連続100万歩挑戦)
①6月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」
 
②6月3日の実積39.867歩(31.9km)
 
③6月トータル114.421歩(91.5km)
 
④達成率11.4%
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)